上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.01 ドラえもん
3の倍数と3のつく数字だけアホになり5の倍数で犬になったり、ナルシストになったり、
寝たりしている子供たちを連れ、映画『ドラえもんのび太と緑の巨人伝』を見に行きました。

ドラえもんの映画は毎年見ていて新しい声優さんにも随分慣れてきました。
今回は”友情”よりも”自然の大切さ”、”環境破壊”が前面に出された内容だったと思います。
もちろん笑いあり、涙あり、感動ありのいい作品で私も子供たちもとっても楽しめました。
が・・・ドラえもんの映画ってこんなにメッセージ性の強い映画だったかなぁと言う気持ちも
正直ちょっぴり
最後のシーンでは涙涙でしたがジィが自分の身を犠牲にして地球と緑の星を守ったこと
わかったかな、目に見える別れにとらわれて見逃しちゃってるだろうなぁとか、
キー坊の言葉がわかるようになったのはどういうことなのか理解できたかなとか・・・いろいろ。
それでも子供たちには環境について考える一つのきっかけにはなったでしょう。
大切な事には違いないですし。

見終わると子供から大人まで優しい気持ちになる映画です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goyururi.blog51.fc2.com/tb.php/117-f9f8129f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。