上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.12 おとうと
私には弟がいます。
なんというか不思議な人です。
なんだかんだ言っても世間で言うところのニートです。

なぜだか我が家の節目節目にいて
一緒に子どもたちの成長を見守っているような存在です。
気がつけば3ヶ月ちかく我が家に居たときもあります。
子供たちは彼の事が大好き。兄のように慕っています。
特に息子は崇拝していると言ってもいいかも
しかも家族の一員と思っているようで家族構成を尋ねられ、
「兄もいます」と言って私をあせらせたたことも。
主人も彼を気にいっていてよく気にかけています。
ある意味愛されキャラかも(笑)
おとうと

映像は1年半前、おそらく娘が私の携帯で撮ったものです。

今回子どもたちを実家に預けることになったけど
弟もいるし大丈夫だろうと。
実際よく世話してくれたようです。
生活リズムはでたらめになったけど・・・
彼の話をする時の子どもたちの嬉しそうな顔!
「まーにぃはねぇ」って(笑)
楽しかったんだろうなぁ。




彼に対しては気がかりなこともいっぱいあって
両親のこととあわせて考えると
”~ちぢに物こそかなしけれ~”みたいな気持ちになるのだけれど
これだけでもう十分ではないかとも思ってしまうのです。
ホントは全然解決されないし大丈夫でもなんでもないのだけれど。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goyururi.blog51.fc2.com/tb.php/20-f03dcb8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。