上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.20 金の卵
今日は息子の通っている公文式の個人懇談でした。
内容は、、、
今の彼の問題は学習どうこうよりも日常生活の事。
学習態度や身の回りの事、人とのかかわり方といった事です。
やっぱりなぁと思いながら聞いていました。
学習面では今取り立てて問題のある箇所や取りこぼしはない、
が今のままの学習態度ではこれから難しくなったとき乗り越えられない
可能性もあるという話でやっぱり日常の学習態度を改める必要性を感じました。
その時、私が息子には勉強ができることより皆と同じになって欲しいと
いうような事を言うと先生が
「息子さんはね、将来大物になるんです!」
と言い切ったので驚きました。続いて
「息子さんは金の卵でそのために他の子より磨くのも大変だし
磨く範囲も広いし手のかかることが多いんですよ」と。
「磨いても磨いてもなかなか全体像が見えてこなくてしんどい事も多いでしょうけど
今磨いているところがなかなかきれいにならなければそこは浸け置きにしておいて
別のところを磨いてみるというのもありだと思います」とも。
ちょっと抽象的な話ですが私の胸にはズシンと響いて。
息子のことをそんな風に言って下さってありがたいなぁと思いました。

実は金曜日の夕方電話がなって、、、学校からでした。
内容はいつもの事と言えばいつもの事だったのですが・・・
息子に聞いてみるとどうするべきか全部わかってるのにその上で
自分勝手な行動をとっている事が許せなくて!
あほかーーーーー!!!!!
学校は自分の好きな事だけしていい所ちゃうで!と怒りまくりました。

自分一人の事なら自分にかえってくる事、好きにしたらいいと思います。
私だって枠にはめず彼がしたいことを思いっきりさせてやりたいとも思います。
でもでも学校へは自分で行きたいと言うんだもの。
集団生活にはルールがあり、所属するのならそれを守らなくてはいけない。
何度となく同じ話をしてきました。それなのに!
もう情けないやら歯がゆいやら腹が立つやらで。
仏の顔も三度までと言うのに親は何度許すのか。
・・・などと主人に言わせれば
「そういう子やんか。今さら目くじら立ててどうすんねん。
それより先生やろ、しょうもない事でいちいち言ってくんな、
子どもを預かってんなら学校であることは学校で対応せぇって言いたいわ」と。
まぁ確かにね・・・

といった事で主人曰く"取るに足らない事"をぐずぐず考えていたので
いっぺんに気持ちが軽くなりました(単純!)
子供を育てるというのは諸々の思いとの葛藤があるのが普通なのでしょうが
こんな風に支えて下さる人がいてまた明日からの元気をもらっています。

                まったりほんぽ ハート

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goyururi.blog51.fc2.com/tb.php/52-95d79e5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。